TOP > レシピ

揚げカレイの薬膳あん

八方汁(万能だし)を使ったレシピ
ねぎ、ぎんなん、松の実、きくらげ、クコの実・・・
具沢山でヘルシー感のある薬膳風のあんかけです。

材料

  • カレイ・・・4切れ

  • 長ねぎ・・・1/4本

  • ぎんなん(缶詰)・・・40g

  • 松の実・・・20g

  • きくらげ(戻して)・・・40g

  • クコの実(水戻し)・・・20g

  • 濃口しょうゆ・・・大さじ3 1/3

  • A 八方汁・・・大さじ2 1/2

  • A おろししょうが・・・3g

  • A 上白糖・・・大さじ2/3

  • A 片栗粉・・・17g

  • A ごま油・・・3g

​使用しているワダカン商品

八方汁(万能だし)

「八方だし」として古くから用いられている板前さんのだし汁です。

作り方

  1. Aの材料をあわせる。

  2. カレイの切り身は皮目に切り込みを入れる。
    長ねぎは斜め切り、戻したきくらげは細切りにする。

  3. カレイの水気を取り、片栗粉(分量外)をつけて、170度の油で揚げる。

  4. に長ねぎ、きくらげを入れて煮立たせ、あんを作る。

  5. 揚げたカレイをお皿に盛り、あんをかけてから、クコの実、松の実、ぎんなんを飾る。

    ※しょうがとごま油の風味がポイントです。紅葉をイメージして彩りましょう。