TOP > レシピ

秋の彩り煮

八方汁(万能だし)を使ったレシピ
定番の筑前煮に、さつまいもと栗をプラスする一手間で
季節感のあるメニューに!

材料

  • 鶏もも肉・・・200g

  • ごぼう・・・中1本

  • れんこん・・・中1/2本

  • にんじん・・・中2/3本

  • さつまいも・・・中1/2本

  • しいたけ・・・2枚

  • きぬさや・・・10枚

  • 栗(甘露煮)・・・2個

  • さといも・・・大2個

  • A 八方汁・・・大さじ5 1/2

  • A 上白糖・・・大さじ3

  • A 水・・・450ml

​使用しているワダカン商品

八方汁(万能だし)

「八方だし」として古くから用いられている板前さんのだし汁です。

作り方

  1. 鶏もも肉は一口大の大きさにカットする。
    ごぼう、れんこん、にんじんは一口大の大きさで乱切り、しいたけは半分もしくは4等分。
    さつまいもは1cm幅、さつまいもは1/4にカットする。

  2. Aをあわせて調味液を作る

  3. カットした具材を分量外のサラダ油で炒める。

  4. を加え煮る。ごぼうがやわらかくなるまで弱く沸騰を続ける程度の中火で煮る。
    やわらかくなったら火を強めて煮汁がほとんどなくなるまで煮る。

  5. 具材をバランスよく盛り付け、塩ゆでして半分に切ったきぬさや、栗をかざる。

    ※定番の筑前煮に、さつまいもと栗をプラスするひと手間で、季節感のあるメニューになります。